千葉・女児死体遺棄事件でPTAに波紋

千葉・女児死体遺棄事件でPTAに波紋

s9lXsV8

「男親のPTA活動禁止」の提案も 千葉・女児死体遺棄事件で波紋




千葉県の女児死体遺棄事件で逮捕されたのが保護者会長だった衝撃は、PTA関係者にまで波及している。悪意があれば、保護者会やPTAの役員らが立場を利用できる恐ろしさが浮き彫りになったからだ。
 

東京都内の小学校で4月からPTA会長になった30代の女性は、前任者からの引き継ぎの際、あぜんとした。手渡されたファイルとデータには、同校の全校児童とOBやOGに及ぶ計10学年分の住所、家族構成、携帯電話番号、メールアドレスなどの個人情報。「悪用しようと思えば、いくらでもできる仕組みだと感じました」。「子どもが通う学校の名簿には、離婚調停中、保護者同士再婚した、難病を患っているなど、各家庭が役員を逃れるために申告した事情が子細に記されていました。しかも、PTA関係者は全員閲覧できました」 だが、個人情報の取り扱いに関する説明は一切なかったという。

2017042600080_1

「男親のPTA活動禁止」の提案も 千葉・女児死体遺棄事件で波紋   朝日新聞出版

関連動画



女児殺害、保護者会長逮捕 千葉、小3死体遺棄容疑

続きを読む


出典: GOSSIP速報
詳細は引用元へ:千葉・女児死体遺棄事件でPTAに波紋