【衝撃】社畜が「60時間以上残業」した結果wwwwwwwwwwwwww

1

1:   2018/02/09(金) 19:39:53.12 ID:dZ91zTlw0 BE:123322212-PLT(13121)

 
人材サービスのパーソル総合研究所と中原淳東京大准教授(人材開発)が共同で行った残業実態調査で、
残業時間が60時間を超えると健康リスクは高まるのに幸福度は上昇することが分かった。幸福度は残業時間が
長くなると少しずつ下がるが、60時間を超えると跳ね上がる。会社への満足度や仕事への意欲も同様に60時間を
超えると上がったという。【中村かさね/統合デジタル取材センター】

 調査は昨年10月、社員10人以上の企業に勤める管理職1000人と従業員5000人の計6000人を対象に
インターネットでアンケートを行った。8日に両者が共同で記者会見し、結果を発表した。

 幸福度は五つの質問を7段階で評価してもらい35ポイント満点で測った。幸福度が最も高かったのは、
残業1~10時間未満(回答総数1046)で18.58ポイント、最低は残業45~60時間未満(同193)で16.98ポイント。
残業60時間以上(同323)では17.54ポイントだった。会社への満足度や仕事への意欲も残業45~60時間未満で
最も低かったが、60時間以上では一転上昇した。

 一方、幸福度や満足度は高いのに、就業継続意欲は低くなるという矛盾した結果も出た。残業60時間以上で
「この会社にずっと勤めていたい」と回答したのは28.8%で、60時間未満の層よりも5ポイント低い。「働くこと自体を
そろそろ辞めようと思う」という回答も18.6%に上った。

 健康リスクも高い。残業60時間未満で「食欲がない」と回答したのは7.4%で、残業20~60時間未満の2.3倍。
「強いストレスを感じる」「重篤な病気・疾患がある」という回答も、残業時間が長くなるほど高くなった。

 中原准教授は「幸福度や満足度、意欲は高いのに、ストレスは高く、休みたい、眠りたいと感じている。意識や行動の
不整合が起こっていて、正常な判断ができない状態なのではないか」と分析する。自覚症状がないまま、病気や休職に
つながるリスクがあるという。

全文
https://mainichi.jp/articles/20180209/k00/00e/040/321000c

続きを読む


出典: 気になるたけのこ速報VIP
詳細は引用元へ:【衝撃】社畜が「60時間以上残業」した結果wwwwwwwwwwwwww